当社は、小・中学校のPTA新聞を制作しています。新聞・会報の制作、印刷を得意とする印刷会社です。

 毎年広報委員は交代するので、新聞づくりは初めて。何をどう始めたらよいか分からない。各校共通の悩みです。

 そのようなお声に応えて、新学期のはじめに「新聞づくり」について、当社の担当者が学校をご訪問し、企画の立て方、記事の書き方、写真の撮り方、レイアウト、見出しなど、丁寧にご説明します。(不安はいっぺんに吹き飛びますヨ!)。

 新聞のレイアウトには沢山の決まりごとがあります。でもご心配なく!ラフ原稿のみでレイアウトは経験豊かな当社のデザイナーにおまかせ下さい。写真・イラストは何点使用されても費用は変わりません。PTA広報の予算は年々減っていますが、ご安心下さい。まず当社にご相談ください。
 ご予算のなかで最高の新聞が作れるよう、いろいろとご提案させていただきます。

■レイアウトの実際 [読みやすい紙面づくり]

 

ポイントは、読みやすく、見た目に美しく、調和のとれた配置です。

   ●カコミものから割り付ける。(解説など、四方をケイで囲んだ記事)
   ●見出しが一方に片寄ったり、縦・横に並ばないようにする。
   ●カットの乱用は避ける。使いすぎると紙面にまとまりがなくなります。
   ●見出しのスペースは取りすぎと思うほど大胆に取る。
   ●見出しは紙面の命。一般紙などを参考に知恵を絞る。

レイアウト時のタブー

●「ハラキリ」
  紙面が上下に分断され、統一を失う。
●「泣き別れ」
  つぎの段に降りるとき、文末が句点(、。)で終わっていると、読者は下段を読み落とすことがあ

  る。
●「飛び降り」
  下段に流れるとき、上野段と上下が重なっているか、紙面の右端にくるか、どちらかでなければ

  ならない。
●「飛び越し」
  記事が見出しや写真を飛び越して流れること。(カコミものの場合は飛び越しても構わない。)
●「しりもち」
  二段以上の見出しや、写真が、最下段にくることを言う。下に重くなり、アンバランスになる。

 Eメールmuzen5651@yahoo.co.jp

お問い合わせ

​© 2023 by Sun Yoga(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

■撮影・ビデオ制作

・スタイリング
・モデル
・ロケーション
・シナリオ
・ナレーション
・コマーシャルフォト

■コーポレート・アイデンティティ

・シンボルマーク
・ロゴタイプ
・ブランドネーミング
・社章・商標
・社員教育マニュアル

■ノベルティ企画

・パッケージング ・プレミアム
・ラベル・シール ・カレンダー

CREATIVE POWER

■出版・編集

・自費出版
・社内報
・会社案内

■アートディレクション

・プランニング(プランナー)
・コピーワーク(コピーライター)
・デザインワーク(デザイナー)
・ビジュアルワーク
   (クリエイティブディレクター)

■広告・企画制作・SPプランニング

・ポスター
・カタログ
・パンフレット
・DM

・ホームページ製作

■コーポレート・アイデンティティ

■撮影・ビデオ制作

■出版・編集

■広告・企画制作・SPプランニング

■アートディレクション

■ノベルティ企画

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now